ja
  • vi
  • en
  • ko
  • ja
  • zh

弊社について

ランドン織布縫製工業団地 - Aurora 工業団地

国の工業化、近代化の事業において、織布縫製は重要な経済事業だとみなされている。チェーンでの連結という特性により、当事業の任務は各工程のバランスを作りだし、安定的で持続可能な発展の土台にすることである。しかし、織布、染色及び完成工程の縛り目はまだ残っているため、ベトナムは輸入布にかなり依存されている。2017年、全国で業界のニーズ62%に相当する55憶メーターの布を輸入した。その実況により当業界の発展モチベーションを低下させ、それにもかかわらず、生産は区分され、製造時間は長くなり、製品運搬費が高くなった。この状況を克服するため、今後の10年間の目標は国内ニーズを対応できる布を製造することである。ということは国内生産の布は2016年28億5千万メーターから2025年に約180憶メーターの布を製造しなければならない。

そのため、最近、投資優遇対策を制定する一方、政府は適切な条件を整っている地域において大きな織布縫製工業団地の設立を許可した。ナムディン省は北部の織布縫製センターとして計画され、ランドン織布縫製工業団地(ギアフン郡に位置する)はこの目標を実現するために設立された。2000ヘクタール以上の面積で、ランドン工業団地はグリーン・清潔・持続可能な工業として3フェーズで開発される。具体的に以下の通り。

  • 第1フェーズ(2017年~2022年):面積 519.6 ヘクタールで投資し布 1 億メーターを生産する。
  • 第2フェーズ(2023年~2030年):布生産量は15億メーターを上げ、面積850ヘクタールのサプライチェーンを完成させる。
  • 第3フェーズ(2031年~2035年):面積675ヘクタールの近代的な織布縫製・ファッションの商業・サービス都市を形成する。

投資家

投資家

パートナー

投資家

ランドン織布縫製工業団地の投資主であるランドンインフラ投資開発株式会社(RDI)は2015年に設立され、都市地域、工業団地のインフラ建設施工分野及び不動産経営分野における長年の能力及び経験を持つ。RDIは国際的な総合計画、持続可能なインフラ整備及び外資系投資家の誘致、ハイテク開発の推奨、より高い付加価値の生産の実施等、都市・工業団地の連合施設の全面的なソリューションパッケージを目指している。グリーン・清潔・持続可能なプロジェクト開発の方向性に沿って、弊社は労働者、技術者、エンジニア、管理及び専門家に理想的な生活環境と職場環境をもたらすことを約束する。

RDIの主要な株主は南部の大規模で一番信頼できる都市開発者で一般土地を大規模の都市地域に開発するために全体計画、土地の準備、インフラ整備の実施に関する10年近くの経験を持っているCat Tuong グループである。Cat Tuongグループは顧客の利益及び投資効果の最大化を目指して不動産ソリューションを提供し続けている。 

投資家

投資家

パートナー

ビジョン

2030 年までにベトナムのトップファッション織布縫製センターになる。

使命

ナムディン省の工業化近代化及び海へ向かう方向での経済構造移転の動力源であり、ベトナムの織布縫製業界の安定と持続可能な発展に貢献する。

コアバリュー

投資家の経済利益を社会責任と環境保護を繫ぎ持続可能な発展をもたらす。

- 投資家の経済利益は工業団地の利点を通じて得る。

- 社会責任は道理に適う対応と経済発展への貢献、同時に労働者及び彼らの家族、地域社会コミュニティの生活品質の改善におけるコミットメントである。

- 工業団地の緑化発展プログラムを通じて環境保護実施。(緑化:木、水、土、空気、エネルギー、生産及び生活)

http://auroraip.vn/
http://auroraip.vn/catalog/view/theme/